おしゃれで魅力的な金文調書体

おしゃれで魅力的な金文調書体

紀州印工房では、金文調書体の印鑑を作っています。 金文調書体とは、まるで象形文字のような絵と文字が合わさったようなおしゃれでかわいい書体です。 ”金文”とは、金属(主に青銅製器)の銘文のことで、中国古代の殷から秦漢の時代に青銅器を鋳造(ちゅうぞう)する過程で、文章も同時に鋳込(いこ)んだものです。亀甲や獣骨の堅い骨にナイフで彫刻した直線が多い甲骨とは違い、金文は文章の鋳型(いがた)に粘土など柔らかい素材が使われ、自由に曲線を書けたために柔らかい曲線文字が表現されています。

金文調書体は漢字のみKinbun style typeface Kanji only

金文調書体は漢字のみ

金文調書体は漢字のみとなります。ひらがな、カタカナ、アルファベットがお名前に入っている場合は金文調書体ではおつくりすることが出来ませんのであらかじめご了承くださいませ。

なぜ漢字しか使えないのかというと、古代中国で使用されていた文字であること、ひらがなやカタカナは日本独自の文字なのでそもそも存在しなかったからです。
金文が使用されていた殷~秦・漢の時代というと、紀元前21世紀~3世紀といった古代です。日本はそのころ縄文時代~弥生時代の頃です。漢字は伝わってはきており、文字自体は認識していたそうですが、文章として使用するには程遠い状態だったといわれています。日本で漢字が使用されるようになるのは4世紀末~5世紀初め頃、カタカナが8世紀年頃、ひらがなは9世紀頃に考案されました。

漢字そのものは日本でその後も使用されるようになりましたが、その後にできたひらがな、カタカナは当然存在しません。アルファベットも同様です。金文調書体は、漢字であれば金文に存在しなかった文字(国字)でも代替となる文字を作ることはできます(その場合は篆書をあてはめるか、近い時代の書体でつくります)が、近い時代に存在する文字でなければ作成することが出来ません。

金文調書体のイメージKinbun style typeface image

真奈美
真奈美
(左:細字 右:太字)
辻印
辻印
(左:細字 右:太字)
梓印
梓印
(左:細字 右:太字)
愛梨
愛梨
(左:細字 右:太字)
杉原
杉原
(左:細字 右:太字)
田中
田中
(左:細字 右:太字)
綾香
綾香
(左:細字 右:太字)
香子
香子
(左:細字 右:太字)
里沙
里沙
(左:細字 右:太字)
有香
有香
(左:細字 右:太字)
東野
東野
(左:細字 右:太字)
大野昌勝
大野昌勝
(左:細字 右:太字)
細井幸太郎
細井幸太郎
(左:細字 右:太字)
藤本拓也
藤本拓也
(左:細字 右:太字)
藤本拓也
藤本拓也
(左:細字 右:太字)
稲垣 誠
稲垣 誠
(左:細字 右:太字)
藤林 駿
藤林 駿
(左:細字 右:太字)
宮 佳彦
宮 佳彦
(左:細字 右:太字)
真奈美
真奈美
(左:細字 右:太字)
辻印
辻印
(左:細字 右:太字)
梓印
梓印
(左:細字 右:太字)
愛梨
愛梨
(左:細字 右:太字)
杉原
杉原
(左:細字 右:太字)
田中
田中
(左:細字 右:太字)
綾香
綾香
(左:細字 右:太字)
香子
香子
(左:細字 右:太字)
里沙
里沙
(左:細字 右:太字)
有香
有香
(左:細字 右:太字)
東野
東野
(左:細字 右:太字)
大野昌勝
大野昌勝
(左:細字 右:太字)
細井幸太郎
細井幸太郎
(左:細字 右:太字)
藤本拓也
藤本拓也
(左:細字 右:太字)
藤本拓也
藤本拓也
(左:細字 右:太字)
稲垣 誠
稲垣 誠
(左:細字 右:太字)
藤林 駿
藤林 駿
(左:細字 右:太字)
宮 佳彦
宮 佳彦
(左:細字 右:太字)

金文調書体は一等版下士がその都度手書きで作成Kinbun style typeface created craftsmen by hand

手書きで書体を作っています金文調書体は印鑑のご注文を頂く度に、一等版下士がその都度手書きでひとつひとつ作成しております。紀州印工房で金文調書体の印稿をつくっているのは大印展 版下の部で金賞を受賞した一等版下士人の職人です。フォントが存在しない(パソコンでは印稿を作ることが不可能)金文調書体の印稿を、金文の資料を見ながら下書きなしでつくります。

一等版下士がつくる手書き書体

紀州印工房の特徴
FEATURE

象形文字のような<br>
魅力的な金文調書体の印鑑

象形文字のような
魅力的な金文調書体の印鑑

紀州印工房では、金文調書体の印鑑を作っています。金文調書体とは、まるで象形文字のような絵と文字が合わさったようなお洒落で面白い書体です。金文とは金属(主に青銅製器)の銘文のことで、中国古代の殷から秦漢の時代に使用された古文字です。柔らかい曲線と面白い文字が特徴です。

おしゃれで魅力的な金文調書体

注文毎に一等版下士がつくる手書き書体

注文毎に一等版下士がつくる手書き書体

印鑑に彫刻する書体はすべて、一等版下士(大印展 版下の部 金賞受賞)が手書きで作成しております。あらかじめ作成しておいた書体を取り込み、パソコンで印稿を作るのではなく、注文の度にその都度手書きで印稿を作成しております(そもそも金文書体のフォントは存在しないのでパソコンで印稿を作ることが出来ません)。その手書き印稿を取り込み、彫刻をします。

一等版下士がつくる手書き書体

一級印章彫刻技能士が手掛ける渾身の手仕上げ

一級印章彫刻技能士が手掛ける渾身の手仕上げ

全国印章技術大競技会 木口密刻の部において、世界文化遺産賀茂御祖神社宮司賞を受賞した、店主である一級印章彫刻技能士「上野山有徳」が印鑑を1本1本手仕上げ。 手仕上げ印鑑は、最初こそ機械で彫っていますが、機械彫りのあとに仕上げ刀で時間と手間をかけて仕上げております。それは印鑑を見て頂ければきっとお分かり頂けるはずです。

一級印章彫刻技能士が印鑑を手仕上げ

紀州印工房の印鑑
FEATURE

金文調書体の認め印

金文調書体の認め印

金文調書体でつくる認め印です。金文調書体は、まるで象形文字のような絵と文字が合わさったかのような面白さを持つ魅力的な.書体です。日常の一場面に特別感をプラスしてくれる銀行印です。

金文調書体の認め印

金文調書体の銀行印

金文調書体の銀行印

金文調書体でつくる銀行印です。金文調書体は、まるで象形文字のような絵と文字が合わさったかのような面白さを持つ魅力的な書体です。古代文の味わい深さが人を惹きつける銀行印です。

金文調書体の銀行印

...

金文調書体の実印

金文調書体でつくる実印です。金文調書体は、まるで象形文字のような絵と文字が合わさったかのような面白さを持つ魅力的な書体です。偽造や姓の重複を防ぐ実印です。

金文調書体の実印


紀州印工房について
About

紀州印工房は高野山、熊野三山、熊野古道といった日本でも有数の霊的な聖地が存在する和歌山県、有田市(ありだし)において、一級印章彫刻技能士である上野山有徳が店主を勤めております、印面にこだわった印判店でございます。 印鑑は一級印章彫刻技能士である上野山有徳が1本1本すべて手仕上げ、書体は一等版下士が注文毎に一つ一つ手書きで作成。印鑑の神髄は印面にこそあり、という信念を持って印鑑作成に励んでおります。印材に凝ったり、奇抜さだけを狙ったりせずに、私たちだからこそできる、技術と知識を凝縮した唯一無二の印鑑を自信を持ってお届けいたします。